読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敏腕にしき

錦戸亮さん、32歳の誕生日おめでとうございます!

「うちの錦戸、かっこいいでしょう!」

「でも亮はこんな可愛い一面があるんですよ!」

「それでいてこんな面白いところもあります!」

「見て!ほら!亮の魅力、こんなにいろいろありまっせ!」

と、メンバーそれぞれが口々にプレゼンしてアピールして亮ちゃんの様々な魅力を伝えようとする。

そんなイメージだった関ジャニ∞、近年ぐんぐんと、逆転現象が起きているなあというイメージに変わってきています。

それは年下組ががっしりしてきたというのか、三馬鹿が前だけを見て引っ張っていかなくても車輪が回るようになったというのか、なんというのか、関係性の変化?個々の変化。そんないろいろがあるんでしょうけれども、

抜きんでて錦戸さんのメンバープロデュース力の爆発に度肝を抜かれるのがここ数年は毎年の恒例になってきていますね。横山さんとはまた違ったやり方、持って行きかたをする錦戸さんの技法。

看板を背負って表に立つ役割が、それはだからやっぱり個々に分散され、つつ、あるのかなあ、だから亮ちゃんが存分に裏方部分をできるゆとりができたのかなあ、そんな感じでもうそれはとんでもなくネクストステージ、素晴らしいな!と思っております。

だってほんとうもう亮ちゃんのプロデュース力凄まじい。世間(ヲタ及び一般的な感覚も踏まえて)のニーズを把握し、やりすぎ感がない気持ちの良いバランスで、存分に関ジャニ∞の、メンバーの色、良さ、個性、を求められる形にして放出する。その技術力と情報量(情報の選び取り方)とセンスに悶え転げております。

バナナジュースもすんごかったあ………横山くんトランペットやったら?がここまでの盛大な伏線、いや錦戸さんだったらそこまで見据えていてもおかしくはないなあと思いますが、そういうものたちがどんどん花開いていく様は見ていて痛快で非常に興奮します。それもふくめてプロデュース力、すげえな!です!

亮ちゃんのその力がこれからもきっと爆発して、関ジャニ∞の中でもかなりの重要なものになっていくのであろうというのをひしひしと感じます。し、期待とワクワクをいつでも持って次に亮ちゃんが何を仕掛けるのかを待っています!

錦子ちゃんにピーチ〇ョンのCMが来ますように!

お誕生日おめでとうございました!