読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼウス、または大明神

横山さん、36歳のお誕生日おめでとうございます!

生まれてきてありがとう。アイドルとして輝き続けてくれてありがとう。

 

ゼウス【Zeus】
ギリシャ神話の最高神。天空神。オリンポス十二神の一で神族の長。クロノスとレアの子。父クロノスたちのティタン神族を征服した後,世界の統治を兄弟ポセイドン,ハデスとくじで分割し,天界の統治権を得て,世界の覇者となる。正義と法により人間社会の秩序を守る。妻はヘラ。多くの神々や人間の女とも交わり,アテネアポロン・アルテミス・ヘルメスなどを生んだ。ローマ神話ユピテル(ジュピター)と同一視される。

 

大明神【だい みょうじん】

①「明神」(神を尊んでいう語。特に霊験あらたかな神を言うこともある)をさらに尊んだ言い方。②名詞の下に付けて、敬意・尊崇・願望・ときにおどけた気持ちを現す。

 

三省堂大辞林より)

 

霊験あらたかな最高神……

語感がピッタリすぎる。ゼウス横山。横山大明神。学名か和名かの違い的な。何にせよ語感がいい。使っていこう。

 

めっきり大人の優しさと少年の無邪気さのバランスが落ち着きと愛らしさを持って偏ることなく保たれるようになった横山さん、

ここ最近は「見守る」と「挑む」がかなり重きを占めていて、で、その二つを同時に両手に持っているってすごいことでないか…?と思います。

周りの努力や、葛藤や、喜びや悔しさを温かく見守りながら、自分においては苦手としていた分野で新たな武器を手にするべく挑戦、緊張、挑戦の連続、その過程や悔しさまで見せながら、うわべのプライドより「挑戦する姿を見せること」を大事にしてくれること、どんな気持ちで両立をしているのだろう。

すごいことです。すごいこと。

横山さんの優しさは、常に周りにアンテナを張るその神経の使い方、それを実行し続けることの精神力。

そういう、そういうふうに感じさせてくれる横山さんの、姿を見ているとやっぱり「ありがとう」という言葉が自然と浮かんできます。

 

個人的な体感で言いますと、私は、横山さんの誕生日だというのに今年はなんだか仕事の諸々でメンタルが地面にめり込んでいた5月9日だったんですが、ふと、歩きながらふと、「今日は横山さんが生まれてから36回目の日じゃないか」と思ったら、わあ、横山さんの美に、横山さんの強さに、横山さんの優しさに、笑顔に、同じ時代で時に同じ空間で触れることのできているこの、幸せ!と思ったら、メンタルの矢印が上を向きました。すごいです。その先の欲望、は一旦置いといて、の「ありがとう」を、非常に素直に、湧き上がる形で体感して、ああ、横山さんすごいなあ、ありがとうだなあ、と思った今年の5月9日でした。

 

他者認識と自己認識、両面から己の美というものへの自信、というよりそれが見る人を楽しませることのできる武器である、ということへ、強がりじゃない確信を持ってそれを磨き始めた横山さんって本当に最強じゃない?ワンダフル、美!惜しみなく美。ありがたや、と手を合わせます。なんせ大明神。

優しい横山さんが、たくさんの優しさで包まれる一年になりますように。先ずはジレッタ、怪我やトラブルなく千秋楽まで走り切れますように、その先もまた、挑む男、の背中を憧れを持って見つめてゆきます。どうぞお体にお気をつけて!横山さんが健康でありますように!お誕生日おめでとうございました!